院長挨拶

  • HOME »
  • 院長挨拶

院長挨拶

 当院は北見・網走・紋別地区の結核医療を担うべく、昭和27年北海道立北見療養所として開設され、その後の疾患の変化、医療の進歩により、現在は心臓血管外科・人工透析・循環器科・呼吸器科などを中心とした医療を行っております。
 病床数は 70床と規模は大きくありませんが、循環器疾患および呼吸器疾患に対し多数の専門医を擁し、地域医療機関との機能分担、連携を図り、専門特化した病院として機能させております。
 特に循環器においては、オホーツク圏内唯一の心臓血管外科手術を担うとともに、高齢化社会を反映する合併疾患(循環器、腎臓、呼吸器、消化器)に対応すべく、診療各科が相互に連携した治療を行っております。
 また呼吸器についても圏内唯一の呼吸器科として、結核医療、慢性肺疾患、悪性腫瘍に対し診療を行っております。
 今や医療は驚くべき速さで進歩しています。新しい診断機器、新しい治療法などが次々に登場しているなかで、当院は最新・最良の医療を提供することを心がけております。今後とも、住民の皆様がこの地域で安心して生活して頂けるよう、そして医療において地域格差が生じないように当院の医療機能を最大限に発揮して、安全で良質な専門医療を提供するために、更に努力を重ねて参りたいと存じます。
 当院に対し、皆様方の更なるご協力とご指導をお願い申し上げます。

病院長  井上 聡巳

PAGETOP
Copyright © 北海道立北見病院 All Rights Reserved.