沿革

沿革

昭和27年2月 北海道北見診療所開設(結核250床)
診療科目:内科、外科
昭和44年10月 許可病床種別変更承認(結核病床22床を一般病床に変更、更に28床減)
計222床(一般22床、結核200床)
昭和46年11月 北海道立北見病院に名称変更
昭和47年11月 人工透析開始
昭和53年8月 許可病床種別変更承認(結核病床48床を一般病床に変更、更に52床減)
計170床(一般70床、結核100床)
昭和56年12月 改築工事完成
昭和57年2月 旧病院より移転、結核病床40床減
計130床(一般70床、結核60床)
診療科目:内科、呼吸器科、循環器科、心臓血管外科
平成元年4月 許可病床種別変更承認(結核病床60床を一般病床に変更)
計130床(一般130床)
平成9年12月 外来診療棟増築工事完成
平成12年4月 麻酔科標榜
平成12年10月 病院機能評価認定(一般B)
平成15年10月 呼吸器外科標榜
平成17年10月 外来診察室改修工事完成
平成18月9月 冷房設置工事、暖房配管改修工事完成
平成20月4月 許可病床種別変更承認(一般病床94床、未稼働病床36床)
平成27月3月 新病院着工
平成28月8月 旧病院より移転(一般病床70床)
平成30月4月 指定管理者制度を導入し、日本赤十字社による運営に移行

PAGETOP
Copyright © 北海道立北見病院 All Rights Reserved.